2005年11月29日

'Til I Die

昼休み、会社のそばの商業施設内のパン屋にて。

パン屋で流れていたのが['Til I Die]。
Beach Boysのアルバム「Surf's Up!」収録曲。
曲は確かに素晴らしいが…自分を海に浮かぶコルクに例え、自分の無力さ、はかなさ(それも自分が死ぬまで)を歌ったもの。

「いい感じのお店ね」
と言いながらパンを買うお客さんもいたが、この曲の歌詞の内容知ったらがっくり来るだろうね。

どんなにいい曲でも、時と場合を考えてかけて欲しいものだ。
昼休みの一時に自分の無力さなんか歌ったもの流れていたらへこむぞ。
理解できたのも自分とかけている人間だけだと思うが。
posted by yamamoto at 22:35| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。