2005年12月24日

ケーキ

このシーズンと誕生日にはケーキを1ホールを平らげることが習慣になった。
最近のケーキ、何を食べているかよく分からないと思うことがある。

今日食べたものはチョコレートの中にクランベリーソースとキャラメルとビスケット上のものが入っていた。
それぞれ食べると非常においしいが、一緒に食べるととても微妙な味。
「おいしい」とは思えなかった。

見た目や値段や宣伝文句の割りは大しておいしいとは思えないものが増えてきている今日。
「パティシエ」とかわけわからん横文字がいろんな媒体で媒介されてから「おいしい」と思うケーキが減った気がする。
そしてスタンダードでシンプルなチーズケーキやイチゴのショートケーキが消えたような気がする。
デパートだけではなく、大型ショッピングモールでもあまり見ることができない。
わけ分からない混ざり物のケーキが流行する中、シンプルなものを普通に作る事ができる人がいないのでは?と思ってしまう。

ちなみに最近食っておいしいと思ったケーキはヤマ●キのチーズケーキですよ。
これがおいしいと思う輩は正常ではない味覚なのかな?

posted by yamamoto at 22:59| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は私も同感なんですよ。
なかなかおいしいケーキを見つけれない・・
イムズのジュラーロミュロはけっこうおいしいと思うけど・・他はあまりピンとこない・・
セブン○レブンのチーズケーキをクリスマスにもらったけど意外なおいしさだった・・
Posted by うさきち at 2005年12月26日 00:43
セブン○レブンはヤマ●キだったと思うのですが。
あと、なぜかさかえ屋がおいしいと思う。
Posted by yamamoto at 2005年12月26日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11007310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。