2004年12月03日

苦節12年

ついにマリノス自前のFWが世界に認められるときがきました。
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/dec/o20041202_10.htm

いろんなFWがいましたが、苦節12年、彼が初めてまともに育ったと思われるFWではないでしょうか。

諸先輩は以下の結果でした。

★神野卓哉
肩書き:当時レフティで俊足、高さもある数少ないFW、筆者が未だに史上最強と思っているバルセロナオリンピック予選代表
結果:99年大分トリニータでJ2得点王

★三浦文丈
肩書き:選手権優勝など華やかな経歴、若年層代表歴あり、バルセロナオリンピック日本代表
結果:MFして大成。ダイナスティカップ日本代表選出
  以下はFC東京公式サイトより引用
ファーストステージ 優勝
Jリーグ年間優勝
アジアクラブ選手権 優勝
アジア・スーパーカップ 優勝
(ジュビロ磐田にて)

選手としては十分大成しましたが、FWとしては…

★西川慎也
肩書き:スピードあるストライカーだったか(忘れた)
結果:サテライトのスキラッチ

★古賀正人
肩書き:三浦文丈と共に選手権優勝などかなり華やかな経歴
結果:サガン鳥栖でキャプテン

★田原豊
肩書き:高校生とは思えないとんでもない身体能力で…
結果:フィジカルだけは強かった

★安永聡太郎
肩書き:超高校級ストライカー
結果:僕はパッサーですから

浦和さんが12年かかって初めてリーグ制覇されましたが、マリノスは12年かかって初めてまともにFWを育成できそうな感じです。

サッカー日本代表ネットワークから引用

横浜FC:奥 大介、ドゥトラ、中沢佑二、松田直樹

posted by yamamoto at 23:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1185731

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。