2006年02月14日

お菓子屋さんの大きな紙袋を持っていただけで…

会社で3つほどチョコをもらい、持って帰るときにちょうどいいものが無かったから、デパ地下にあるお菓子屋さんのでかすぎる紙袋に入れて帰ることにした。

エレベーターで一緒だったおっさん達や、バスで一緒になった太っちょお兄さんに顔と袋をじろじろ見られた。
「お前のようなアホ面でよくそこまでもらえたな」
と目で訴えるのがよくわかりました。
別に紙袋一杯じゃないし、義理だしねぇ。じろじろ見られるほどでもないですよ。
そんな立派な人間じゃないですから。

見栄を張るにはでかい紙袋はステキな小道具ではあるが、見栄を張っても仕方ない人間の部類に入る私にとってはどうでもいい。
食ってうまけりゃいいんだ。

でもこんなニュースもあることからモロゾフ?の戦略から脱却し始めそうな日本人。
ということは石村萬成堂の戦略からも脱却できるかな?

まあ月収の半分が1日で消えるよりははるかにマシだよね。
posted by yamamoto at 23:43| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はバレンタイン大好きですよ〜
だっていろんな種類のチョコが沢山食べられるんだもん。
自分で買うんだけどね・・・・
Posted by あいか at 2006年02月15日 09:52
女性はいいですよ、売場で自分の物を買えますから。
チョコレートが大好きな私はバレンタインデー1週間前からはデパ地下チョコレート売場に立ち入る勇気がありません、ヘタレですから。

でも、いろんなチョコレート食べられるのはこの時期だけですからね。

あと、インドもちょっとやばいようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060215-00000064-kyodo-int
Posted by yamamoto at 2006年02月15日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。