2007年03月25日

北部九州 サイコロの旅

DSCN0577.JPG
朝9時前の箱崎駅。
18きっぷがあまるのは嫌なので、ふぐを食べに下関に行くことに決めた。
普通に行ってもしょうがないよね。
だからサイコロ。

予定があるので本日17時までに箱崎に戻らなければならない。

1.一気に本州、下関
2.アメリカに行こう!宇佐
3.佐賀を探しに、佐賀。
4.ふぐではなくバーガー、唐津
5.九州新幹線を見よう、新八代
6.下関まであとちょっと、門司港

DSCN0577.JPG

さいころの目は2。
新八代を引くとたぶん、下関にはいけなくなるので助かった。

箱崎⇒千早(快速に乗り換え)⇒小倉
DSCN0578.JPG

日豊線小倉駅のホーム。アメリカ行きの列車が待っている。

駅だけやたら大きな行橋、廃線になった港方面のレールを見ながら中津へ。
中津にも廃線のあとを見た。
何がなくなったかはわからないけど。

☆宇佐に到着 12時過ぎ

DSCN0580.JPG
日本のアメリカ、宇佐。

DSCN0579.JPG
アメリカらしく案内も英語表記。

DSCN0581.JPG
アメリカの駅前はとても寂しい。

○宇佐を出発
1.腹へった 下関
2.対岸は唐戸市場 門司港
3.ちょっと手前で 西小倉
4.ヤケクソで南へ 大分
5.肌寒いからラーメン 久留米
6.行かないけど スペースワールド
DSCN0583.JPG

乗ってきた電車(門司港行き)で折り返し西小倉へ。

西小倉到着予定14時前。
乗換えがきついので社内で西小倉からの行き先選択。

時間がやや厳しいのでチャンスタイム。
4でなければ、関門でふぐが可能。
1.このまま門司港直行!
2.やっぱり行こう下関
3.焼きうどんにしよう!西小倉下車
4.うどんはスープあるものがいいよ、鳥栖。
5.若戸大橋見よう、若松
6.嘉穂劇場見よう、新飯塚

DSCN0584.JPG

6で新飯塚へ。
西小倉⇒折尾⇒直方と乗り換えラッシュ。
DSCN0585.JPG

駅だけやたら広い直方。
炭鉱で栄えた栄光だけは残っている直方。今はほぼ何もないはず。

直方⇒新飯塚
DSCN0587.JPG

駅から数分歩くだけで「麻生」という名前ばかり目にする。
そう、麻生大名の城下町、飯塚。
病院にもスーパーにもコミュニティーサークルにも麻生の名前ばかり。

観光名所は多いものの、観光客には不親切で案内板が少ない。
外敵は入れない主義なのか?政治手法と同じで。

DSCN0588.JPG
福岡の名物、千鳥屋さんは飯塚が本店。
本店に行ったからといって、本店特別メニューがあるわけではない。
別にそこらへんと同じものしかない。
DSCN0599.JPG

でも、お菓子を試食し、お茶をゆっくり飲みながら選ぶことができるステキなお店です。
実際にもらったものが↑

DSCN0589.JPG
嘉穂劇場。新飯塚から徒歩15分ほど。
写真は撮りづらい。

DSCN0591.JPG
嘉穂劇場から一歩裏に入れば風俗街。
飯塚の方はキャバクラが好きらしい。

DSCN0592.JPG
飯塚バスセンターそばには漢気が入ったお店があった。

○新飯塚出発
門司港についても17時前になり、門司港駅前から船に乗っていっても、たぶんふぐとかなくなっているだろうからココで断念。

1、2、3、箱崎に帰る
4、海の中道海浜公園に寄り道
5、吉塚に寄り道
6、炭坑繋がり大牟田
DSCN0594.JPG

吉塚へ。
折尾から飯塚までは複線だが、飯塚から博多へは単線。
昔はセメント、石炭を運ぶために需要があり、博多には行く人は少なかった影響だろう。
今は逆転してしまったが。

吉塚に向かう車内で行き先を決めた。
吉塚到着17時ごろなので…


1〜4、隣の箱崎
5、隣の博多
6、快速の場合、隣は千早
DSCN0595.JPG

無事に帰れました。
posted by yamamoto at 23:12| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。