2005年09月19日

大相撲

ここ近年、最も面白いスポーツの1つに「大相撲」を必ず挙げる。
以前のバカ貴ブームで世間一般の人は盛り上がっていたが、どうよって感じだった。

早くまともな大関が誕生して欲しい今日この頃、琴欧州には本当に期待している。
朝青龍に対抗できそうな唯一の存在っぽいからぜひとも横綱にと思っている。

お気に入りの関取は海鵬関。見ていて相撲がとても面白い。
http://sumo.goo.ne.jp/ozumo_meikan/rikishi_joho/rikishi_94.html
今場所は休場なのでちょっと寂しい。

気になる力士は一ノ矢。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~wakamatu/syoukai/iti.html
今場所も負け越し。関取どころか三段目も厳しそう。

人気が低下しているといわれているが、真剣にやっていそうな今と、明らかにブームに乗っ取ってヤラセっぽい相撲とどっちが面白いのかなって考えるんですが、世間では後者だったんですよね。
それが残念。

posted by yamamoto at 22:10| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 相撲(歌川国貞、1860年代)相撲(すもう)は、日本の国技とされ、国際的にも行われている日本由来の武道・格闘技・スポーツ。プロフェッショナル|プロ競技としては、日本国内で大相撲という形で興行が行われて..
Weblog: 大相撲情報局
Tracked: 2007-08-01 16:05


Excerpt: 負け越し負け越し(まけこし)とは、主にスポーツで負けの数が勝利|勝ちの数よりも多くなることである。プロ野球では「借金いくつ」で呼ばれることが多い。.wikilis{font-size:10px;col..
Weblog: 大相撲情報局
Tracked: 2008-02-11 10:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。